ひよこメモ

備忘ブログ Ruby, Rails, AWS, html5, css3, javascript, vim,

.NET Frameworkメモ

連載:OS X/LinuxによるASP.NET 5アプリ開発ガイド:第1回 ASP.NET 5をOS X/Linuxで使うための準備 (1/5) - @IT


ランタイム:アプリケーションの開発・実行の両機能を備えたソフトウェアから、
「開発」のほうの機能を取り除き、「実行」機能のみを取り出したプログラム
つまり、実行専用のプログラム!

SDK:Software Development Kit。ソフトウェアを開発するために必要な技術文書やツールなど
一式のことである。
SDKは、OSや技術ごとに存在し、これらに関連するソフトウェアを「開発する場合に」
入手する必要がある。
入手にあたっては、無償の場合、有償の場合があり、開発ツールのパッケージを購入すると、
必要なSDKが含まれている場合もある。


ランタイムが実行用
SDKが開発用


XRE:Cross-platform Runtime Environment。
ASP.NET 5アプリを実行するためのランタイム環境。(実行用プログラム)
mono/Core CLRといったランタイム(実行用プログラム)のみならず、
「SDK/コンパイラー/ランタイムをホストするためのネイティブコードなど」
で構成される。(ランタイム&SDKと考えておけばOK?)

Mono(モノ):Ecma標準に準じた. 「NET Framework互換の環境」を実現するためのオープンソースのソフトウェア群、またそのプロジェクト名である。 現在はXamarin社が開発、販売、サポート業務を行っている。
Ecma(エクマ):European Computer Manufacturers Association。
欧州のコンピューター会社を中心に設立された、欧州電子計算機工業会の略称。

Core CLR:.NET Coreのランタイム
https://github.com/dotnet/coreclr

KVM: K Version Manager。XRE(ランタイム&SDK)をPCに「インストールしたり」、アプリが使用するXREのバージョンを「管理したり」するためのツール
→XRE管理用ツール

KPM: K Package Manger。アプリが必要とするライブラリはパッケージと呼ばれる単位で管理/配布される。「project.json」という構成ファイルに、アプリが使用する(依存する)パッケージを記述しておけば、このツールによってそれらを自動的に取得できる。
→パッケージ管理用ツール


XRE/KVM/KPMといった開発/実行環境とその周辺ツールのおかげで、Windowsに依存せず/NET Frameworkを使うことができる。



ASP.NET:ASP.NETとは、.NET Frameworkで提供されるWebサービス向けのクラスライブラリ。Windowsサーバ上でダイナミックなWebページを動作させるための基盤となるソフトウェアで、WebアプリケーションやWebサービスの開発・構築に用いられる。
→Webアプリケーション用のフレームワーク

ASP:ASPとは、Microsoft社のWebサーバソフトInternet Information Serivices(IIS)の拡張機能の一つで、閲覧者のリクエストに応じてWebページを動的に生成・送信することができるもの。